【感想】日清の芸能界が唸る欧風カレーカップ飯

カップ麺カップ飯
スポンサーリンク

どうもハルです。

今回は、日清のオーベルジーヌ監修 欧風カレー 芸能界が唸(うな)るカップ飯を紹介します。

2020年7月13日発売、四谷に店舗がある「オーベルジーヌ」という、宅配カレー専門店が監修したカレーカップ飯。

ロケ弁などで、芸能人から絶大な人気があり、番組などで何度か紹介されています。

甘くて辛くてクセになる味ということで、実際食べてみた感想を、伝えられればと思います。

芸能界が唸る 日清の欧風カレーカップ飯

日清の芸能人が唸る欧風カレーカップ飯。

芸能界が唸っちゃう欧風カレーカップ飯。▲

お湯を注いで5分、手軽にカレーライスが食べられる。

2019年に発売した、ビーフカレーヌードルが好評でだったので、第2弾が登場。

有名店「オーベルジーヌ」監修で、芸能界が唸るらしい。

緑色のパッケージに、デカく目が引く「芸能界が唸る」の文字。

かなり怪しいキャッチフレーズ。

誰なのかはわかりませんが、「あの芸人たちも大絶賛」。▼

あまーい!からーい!うまーい!▼

辛さは中辛。▼

欧風カレーというのは、ヨーロッパではなく、日本独自のカレーの意味らしい。

四谷オーベルジーヌは、30年以上の営業してる、宅配カレー屋さん。▼

実際の店舗では、こんな感じのカレーが提供されてるようです。▼

カレーカップ飯を作ってみる

カレーカップ飯を作ってみます。

中身はお湯でもどるアルファ米に、固形のカレールーがゴロッと入ってます。▼

カレールーは煮込まなくても大丈夫。

お湯を注ぐだけで、みるみる溶けていきます。▼

5分待ったら、トロみが出てくるまで、クルクルかき混ぜます。

米に含まれた空気で、最初は細かく泡立ちます。

カレーもシャバシャバしてます。▼

かき混ぜるスプーンが、だんだん重くなってきました。▼

ある程度混ざってきたら完成です。▼

食べてみる

食べて最初に感じるのは、強めの甘み。

辛さはバーモントの中辛くらい。

甘い→辛い→甘いが交互にやって来て、なかなかクセになる。

お米もふっくらして、時間が経つほどにいい感じ。

スープが残らず、完全に食べ切れるので、屋外でスープを捨てられない状況だと助かります。

後半のこれくらいのドロドロの時が、一番美味しかった。▼

驚いたのはお肉、カップラーメンにはいってる「謎肉」じゃなくて、「味付き牛ミンチ」。

肉の味がカレーに合ってて美味しかった。

スパイスの香りもしっかりあって、こだわりを感じる内容です。

ただ残念なのが、人工甘味料の甘さがしつこい。

せっかくカレーが美味しくても、後味にくる人工甘味料が台無しにしてしまいます。

原材料にトレハロース、スクラロース、アセスルファムKなど使われているのが確認できます。

人工甘味料が苦手なので、かなり気になりました。▼

全体的には、汁が出なくて食べやすい。

スパイス具合と中辛の対極にある甘さ、それがクセになる美味しいカレーカップ飯でした。

以上、日清のオーベルジーヌ監修 欧風カレー 芸能界が唸(うな)るカップ飯の紹介でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

created by Rinker
カレーメシ
¥2,180 (2020/10/20 22:11:52時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました