Affinity Designerのエフェクトを使ったフェルト加工

Affinity Designer
スポンサーリンク

どうもハルです。

イラストのフェルト加工ってどうやるの?

テクスチャでマスクして、レイヤーのエフェクトを使うとできるよ。

今回は、Affinity Designer(アフィニティデザイナー)のエフェクトを使ったフェルト加工を紹介します。

Procreateで描いたイラストを書き出して、テクスチャでマスクする方法。

レイヤーのエフェクトを使えば、簡単にフェルト加工ができます。

Affinity Designerはフェルト加工や、ベクター・ラスターが扱えるiPadアプリ。▼

Affinity Designer
Affinity Designer
開発元:Serif Labs
¥2,440
posted withアプリーチ

イラストはProcreateのブラシを使って描きます。▼

Procreate
Procreate
開発元:Savage Interactive Pty Ltd
¥1,220
posted withアプリーチ

Affinity Designerのエフェクトを使ったフェルト加工

Affinity Designerのエフェクトを使ったフェルト加工方法

Affinity Designerのエフェクトを使ったフェルト加工方法。▲

Procreateでイラストを描く

Procreateを使ってイラストを描きます。

ブラシは[インキング]>[滲(にじ)んだインクブラシ]を選択。

滲(にじ)み具合が、フェルトの毛羽立った感じの仕上がりになります。▼

フェルトの繋がり単位で、レイヤーをわけてそれぞれのパーツを描いていきます。▼

Affinity Designerに書き出す

イラストが描けたら、ProcreateからAffinity Designerに書き出します。

[アクション]>[共有]>[PSD]形式を選択。▼

PSD形式にすることでadobeのイラレやフォトショ、その他さまざまなアプリで編集できます。

レイヤー機能を使えるのが特徴で、万能な形式だよ。

書き出し先を「Affinity Designerにコピー」をタップします。▼

イラストのレイヤーを保持したまま、自動でAffinity Designerが起動します。▼

フェルトのテクスチャをキャンバスに配置

フェルトのテクスチャを、キャンバスに配置します。

フェルトの素材は、Paper-Co Free Paper Textureのサイトからダウンロードします。

無料なのに高画質、テクスチャ素材が豊富でオススメ。

[1200px]>[PNG形式]>[この素材をダウンロード]をタップ。

ダウンロードしたフェルト画像を、「写真」アプリに保存。

テクスチャをドラックして、キャンバスに読み込みます。▼

イラスト全体を覆(おお)うサイズに調節。

フェルトを配置できました。▼

レイヤーの数だけフェルトをコピペ

パーツの数だけ、フェルトのテクスチャをコピペします。

今回は、7つレイヤーがあったので、7つコピペしました。▼

フェルトをレイヤーにドラッグしてマスクを作成

フェルトを、それぞれのパーツのレイヤーにドラッグします。▼

パーツレイヤーの上に、フェルトをドラッグで重ねるだけ。

パーツのシルエットに型取られたマスクができあがります。▼

レイヤーオプションの設定

レイヤー横の矢印をタップして、グループを開いてフェルトを選択。

[レイヤーオプション]メニューをタップ。▼

レイヤーオプションを「明度」に設定。

不透明度スライダーを、必要におおじて調整します。▼

そのままの設定だと白や黒の色が表示されないので、レイヤーオプションを調整していきます。▼

目・はな:[反射] 不透明度100%

かお:[明度] 不透明度70%

口・おなか:[明度] 不透明度30%

からだ:[明度] 不透明度100%

レイヤーオプションを調整すると、イラストの色がキレイに表示されます。▼

レイヤーにエフェクトをかける

レイヤーにベベル(傾斜)エフェクトをかけて、フェルトの厚み・ふくらみをだします。

レイヤーをタップして、グループまるごと選択。▼

[fx]と書かれたエフェクトボタンを押して、[ベベル/エンボス]を有効にします。▼

ベベル/エンボス」のエフェクトパネルを次のように設定。

・タイプ:内側

・半径:60px

・半径と深度のリンク:OFF

・深度:40px

・ぼかし:8px

・アジマス:120°

・エレベーション:70°

・ハイライト:不透明度20%

・シャドウ:不透明度50%

全体的に、緩めなベベルがかかる設定になってます。▼

エフェクトの設定だけをコピーする

エフェクトの設定だけを、ほかのパーツにコピーします。

タップ長押し、メニューから[コピー]を選択。▼

[編集]>[エフェクトをペースト]をタップすると、エフェクトで設定した数値だけがレイヤーにコピーされます。▼

すべてのレイヤーにエフェクトをペーストします。▼

タイプを「ピロー」に変更する

タイプを「ピロー」に変更することで、埋め込まれたようなエフェクトがかかります。▼

完成しました。▼

まとめ

Procreateで描いたイラストを、Affinity Designerに書き出してフェルト加工する方法を解説しました。

・ProcreateからAffinity Designerに書き出し

・フェルトテクスチャを配置

・レイヤーマスクを作成

・レイヤーオプションを設定

・レイヤーにエフェクトをかける

コツは最初のイラスト作成の段階で、レイヤーに分けておくことです。

表面がフェルトのモコモコした質感にする、「ベベルエフェクト」以外にもドロップシャドウやアウトライン、ガウスぼかしで加工することもできます。

今後も、Affinity Designerの使い方を紹介していくよ。

iPad版Affinity Designerをまだインストールしてなければ、こちらからどうぞ。▼

Affinity Designer
Affinity Designer
開発元:Serif Labs
¥2,440
posted withアプリーチ

iPadのペイント系アプリは、Procreateがおすすめ、ブラシがたくさん。▼

Procreate
Procreate
開発元:Savage Interactive Pty Ltd
¥1,220
posted withアプリーチ

以上、Affinity Designer(アフィニティデザイナー)のエフェクトを使ったフェルト加工方法の紹介でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

iPad版Affinity Designerの書籍はこちら。▼

iPadを使ったイラストの描き方。▼

第2世代Apple Pencil。▼

created by Rinker
Apple(アップル)
¥15,286 (2020/10/21 10:08:00時点 Amazon調べ-詳細)

13インチのiPad。▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました