【災害】防災のために備蓄用保存水を考える

備蓄
スポンサーリンク

どうもharublogのハルです。

今回は、災害時の備蓄用保存水について考えてみようと思います。

災害時、最初に確保しなくてはいけないのが「水」です。

食べなくても数日生きていけますが、水がないと人の体は生命維持ができません。

水道が使えなくなると、復旧するまで最低3日、できれば1週間は水が使えなくなることを想定しなくてはいけません。

備蓄用の保存水を自分で確保する

いざという時はスーパーに買いにいけばいいし、近所の公民館にいけば水や食料を配ってくれるでしょ?

非常時に、近隣の仕組みばかりあてにしてはいけません。

スーパーは買い占めで一番最初に無くなるのは生活必需品です。

水は秒で無くなります。

自治体の配給は、地域住民に十分な量を100%確保してません。

1日あたり1リットル必要だとしても、7日で7リットル。

家族がいれば7リットル×人数分が必要です。

災害時に避難所で行列に並んで、500mlペットボトルを数本もらる程度です。

数年に一度のペースで発生する地震、毎年勢力を増してる台風など。

割と高確率で災害が起きることを「当たり前」と考えておいた方が良いです。

そのために、必要な備蓄を最低限備えておきましょう。

北アルプス保存水

created by Rinker
北アルプス保存水
¥2,592 (2020/10/21 10:49:15時点 Amazon調べ-詳細)

手軽に用意できるのが、保存水です。

5年ごとに買い替えは必要ですが、維持費は0円。

保存水以外に、ウォーターサーバーの水も使えるよ。

天然水ウォーターサーバー【フレシャス】

コーヒー機能付きのウォーターサーバーです。

高機能、2〜3人向けにおすすめです。

プランslat+cafeレンタルプラン
サーバー料金無料(月3本以上)
ボトル容量9.3リットル/本
ボトル料金1,506円(税別)
1ℓあたり料金162円/ℓ
配送料無料(定期配送)
メンテナンス料無料
コーヒーポーション1杯63円~(12個入)
配送スキップ電話自動音声で可
解約金~15,000円(1年未満)
詳細はこちら

ワンウェイウォーター

かかるのはウォーターボトル代のみ、維持費が安く済みます。

サーバー料金無料
ボトル容量12リットル/本
ボトル料金1,250円(税別)〜/本
1ℓあたり料金104円/ℓ
配送料無料(定期配送)
メンテナンス料無料
解約金〜14,000円
詳細はこちら

SnowAlps(スノーアルプス)

女性や年配の方でも持ち運べる7.6リットルボトル。

サーバー料金無料
ボトル容量7.6リットル/本
ボトル料金1,000円/本
1ℓあたり料金132円/ℓ
配送料1,000円〜(定期配送)
メンテナンス料無料
スキップ事務手数料1,000円
解約金〜15,000円
3年以内の場合追加で
残り契約月数×1,350円(税抜)

ネイフィールウォーター

3種類の天然水から選べます。水にこだわりたい人向け。

プレミアムプランでROミネラルウォーターのコースもあります。

サーバー料金無料
ボトル容量12リットル/本
ボトル料金1,950円/本
1ℓあたり料金163円/ℓ
配送料無料
メンテナンス料無料
スキップ1ヶ月無料
2ヶ月目〜800円
解約(引取り料)9,000円

まとめ

ウォーターサーバーはサーバー料金がほとんど無料で、かかるのは水の料金なので、普段使いの水をまわしながらストックできるメリットがあります。

基本的に定期配送なので、わざわざ注文する手間もありません。

しかし解約する時に、サーバー引き取り料がかかるのがほとんどなので、注意が必要です。

ウォーターサーバーに使われるボトルの水は、基本的に電源がオンの状態で品質を維持しています。

電源を使わずにボトルの水を利用するのは、あくまで非常時のみと考えてください。

以上、災害時の備蓄用保存水について考えてみました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました