【iPad】Affinity Designerでイラストをベクター化する

Affinity Designer
スポンサーリンク

どうもハルブログのハルです。

イラスト画像をベクター化するにはどうしたらいいの?

パスでトレースしてから、色をつけていくよ。

iPad版Affinity Designer(アフィニティデザイナー)でイラストをベクター化する方法を紹介します。

パスが苦手な人でも扱いやすい、「鉛筆ツール」でトレースや装飾ができます。

adobeイラストレーターのようにベクターがあつかえる、iPad版Affinity Designer.▼

Affinity Designer
Affinity Designer
開発元:Serif Labs
¥1,220
posted withアプリーチ

Affinity Designerでイラストをベクター化する

affinity designerでベクター化。

ベクター化した完成系がこちら。▲

解像度によって画質が劣化してしまうピクセルファイル(ラスター)と違って、ベクター

はパスの状態なので、拡大縮小しても劣化することがありません。

イラスト画像をトレースして、ベクター化していきます。

まず、Procreateで作成したイラストを用意します。▼

イラスト画像を読み込んでトレース

iPad版Affinity Designerを開いたら、写真アプリをスライドオーバーで表示させ、キャンバスにドラッグ、イラスト画像が読み込まれます。▼

読み込んだ画像は作業しやすいように、レイヤーオプッションで不透明度を50%程度まで下げます。▼

ペンツールは苦手なので、鉛筆ツールでイラストの線をなぞってトレースします。

スカルプト:なぞると線を描き直しできる機能、使わないので無効

:描きやすい幅に調整します

境界線:線の色を指定します

コントローラ:筆圧

塗りつぶしを使用:無効

線を描きながら、囲われた部分は[閉じる]ボタンを押して、パスを閉じておきましょう。▼

線にそってなぞっていくだけなんで、短時間で完了します。▼

線が失敗したら、ノードツールで修正できるよ。

パスに塗りをつける

トレースができたら、線のパーツごとに「塗り」で色をつけていきます。

イラストの元画像から、色の配色を作っておくと作業が楽。

塗りの無いすきまは、鉛筆ツールで新たに塗りを作ります。

境界線を「なし」にして、「塗り」だけの状態で囲います。▼

塗りを一つにまとめる

[選択ツール]ですべて選択。

[編集メニュー]>[境界線を展開]をタップ。

塗りと線が別々のレイヤーに展開されます。▼

隣り合った塗りを複数選択して、ジオメトリの[追加]をタップします。▼

複数選択したレイヤーが一つにまとまりました。▼

影をつけて完成

鉛筆ツールで影にしたい部分を囲う。

囲った線と、影を入れたい塗りを選択して、ジオメトリの[分割]ボタンをタップします。▼

不要なレイヤーは消去して、影にしたい部分を選択しなおします。▼

線と塗りをスポイトで色つけ、線もつけることで隙間を埋めることができます。▼

影やボーダーの色も、同じ要領で色付けしたら完成です。▼

ナビゲータスタジオで、分割を[アウトライン]にしてスライダーを動かすとパスを確認できます。

ヨレを見つけやすいので最終チェックして、パスを微調整すると仕上がりがワンランク上がります。▼


ベクター化したイラストが完成。

まとめ

iPad版Affinity Designerは操作が特殊なので、慣れるまで使いにくく感じますが、慣れてしまえば表現できる幅が広がります。

いろいろ機能を紹介しているので、他記事も参考にしてください。

これからも気づいたことがあれば、随時アップしていくよ。

以上、iPad版Affinity Designer(アフィニティデザイナー)でイラストをベクター化する方法の紹介でした。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

Affinity Designer
Affinity Designer
開発元:Serif Labs
¥1,220
posted withアプリーチ
Procreate
Procreate
開発元:Savage Interactive Pty Ltd
¥1,220
posted withアプリーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました