Apple Pencil(アップルペンシル)の使える小技

iPad
スポンサーリンク

どうもharublogのハルです。

iPadユーザーにとって、便利なアクセサリーの一つとしてApple Pencil(アップルペンシル)があります。

イラストを描いたり、メモを取ったりiPad+ペンシルでしかできない表現が可能です。

今回は、Apple Pencil(アップルペンシル)の使える小技の紹介していこうと思います。

Apple Pencil(アップルペンシル)の使える小技

使用するApple Pencilは第一世代です。▲

第2世代はペンをダブルタップして機能を割り当てできたり、iPadの側面にくっつけて充電することができます。

基本的な操作は第一世代も第二世代も変わりません。

普段使いでも活用できる、ちょっと便利な小技を紹介するね。

すでに知ってるという人もいるかも知れませんが、意外と知らない人が多いようです。

スクリーンショットを撮る

Apple Pencilで画面の角から中央に向かってスワイプすると、スクリーンショットを撮ることができます。▲

Webページはもちろん、その他のアプリを起動中でも、ホーム画面でも撮影できます。

指では動作しなくて、Apple Pencilでのみ反応してくれる小技。

片手でワンアクション、素早く撮れるので結構便利です。

画面の左下か、右下どちらでもスクリーンショットの撮影ができます。▼

ロック画面から素早くメモ帳を起動

ロック画面をApple Pencilでワンタップすると、メモ帳が起動します。▲

アップルペンシルでポンとタップすると、iOS純正のメモ帳アプリが起動、新規メモが作成されマークアップの状態になります。

手描きだけじゃなく、テキスト入力もできるので素早くメモを記録するのに役立ちます。

メモアプリの「すべてのメモ」に記録されるので、後から好きなフォルダに移動して管理しましょう。

おまけ

Apple Pencil(第一世代)を充電する時、iPadとライトニングで接続するので、これではiPad自体の充電をすることができません。

iPadも同時に充電したい…。

そんな時はこんな小技▼

お分かり頂けるでしょうか。▲

そう、iPhoneで充電できるんです。

充電の速度も意外と早く、10分くらい接続しておけば20%くらいは回復します。

もちろんApple PencilはiPhoneで使うことができないので、できるのは充電だけです。

以上、Apple Pencil(アップルペンシル)の使える小技の紹介でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

iPad
スポンサーリンク
haruhiko.suzuをフォローする
スポンサーリンク
ハルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました