【クリスマス】サンタクロースを追跡する【現在地が確認できる】

iPhone
スポンサーリンク

どうもハルです。

12月25日のクリスマス。サンタさんは世界中の子供達にプレゼントを届けに来てくれます。

距離にすると28,000km

しかも子供達ひとりひとりにプレゼントを置いていきます。

サンタさんが一定の時間仕事をすると仮定して、1件あたり0.0003秒の速さで各家庭をまわらなければなりません。しかもたった1日で!

トナカイさんも大変だ

あわてんぼうのサンタさんになる気持ちも解るね!

今回はサンタさんの現在地がわかるWEBサイトがあったので紹介します。

サンタクロース追跡のWEBサイトが存在します

NORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)のサンタ追跡用のWEBサイトで毎年サンタクロースをインターネット上で追跡できます。

NORAD Tracks Santa 2019

サンタさんの現在地

素敵なトップ画面がひらきます

日本語にも対応してるので、右上のメニューボタンで言語設定を変更します。

LANGUAGE」>「日本語」をタップ

トップ画面にもどると、日本語表記に変更されてます。

下の「クッキー使いまっせ」のメッセージの横、「Accept」をタップ

サンタさんの追跡を開始するまでカウントダウンしてくれます。

12月24日の16時スタートでしょうか?

サンタさんが北極を出発して追跡がスタートされるまでは、この画面のままです。

NORADとはどんな組織?

NORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)は北アメリカの航空宇宙や海上を監視して、北アメリカとアメリカを守っている組織です。

宇宙の人工物をみつけ、また飛行機やミサイル、宇宙船からの攻撃がないか調査、監視を行なっています。

サンタ追跡がスタートしたきっかけ

1955年百貨店が広告にのせた「サンタへの直通電話」の番号。その番号が間違えてNORAD(当時はCONAD)司令長官のホットラインの番号をのせてしまったのです。

子供達から電話を受けた当時の司令長官ハリー・シャウプ大佐は、サンタが北極から南下した形跡がないか、部下にレーダーで確認させました。

そして電話をかけてきた子供達に、サンタの現在地の最新情報を伝えたのがきっかけです。

“NORAD Tracks SANTAより

64年目になった今でも、毎年恒例サンタの追跡を行なってくれています。

NORAD Tracks Santa 2019

以上、【クリスマス】サンタクロースを追跡する【現在地が確認できる】でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました