Procreateの手ぶれ補正の使い方【ストリームライン】

Procreate
スポンサーリンク

どうもharublogのハルです。

Procreateの手ぶれ補正はどうやって使うの…。

2種類の手ぶれ補正を解説するよ。

今回は、Procreate(プロクリエイト)の手ぶれ補正を紹介します。

・ブラシ設定「ストリームライン」

・Quick Shape(クイックシェイプ)を使う

2種類とも手ブレしないで、真っ直ぐな線をひくのに便利です。

ペイント系アプリの王道「Procreate」を使います。▼

Procreate
Procreate
開発元:Savage Interactive Pty Ltd
¥1,220
posted withアプリーチ

Procreateの手ぶれ補正【ストリームライン】

Procreateの手ぶれ補正はストリームライン設定とクイックシェイプ。

Procreateにはブラシの設定の中に「ストリームライン」という機能があります。▲

ストリームラインとはスタビライザーのような機能で、素早く描けば真っ直ぐな線、丁寧にゆっくり描けばある程度、細かい描画ができます。

ストリームラインの設定をするよ。

[ブラシのライブラリ]を開いて、使用してるブラシをタップ。▼

手ぶれ補正は「ストリームライン」を調整することで、ブラシに手ぶれ補正機能を割り当てる事ができます。

ブラシスタジオ[パスの境界線を描く]>[ストリームライン]スライダーを[最大(100%)]にします。▼

手ぶれ補正がはたらいて、なめらかな線を描くことができます。▼

ストリームライン「0%」だと、手ぶれでガタガタの線になりますが、細かい描画ができるのがメリットです。

ストリームライン「100%」にすると、なめらかな線が描けますが、細かい描画が苦手です。▼

ストリームラインの数値が高すぎると、処理の影響で遅延が起きるから「10%」くらいがおすすめ。

Quick Shape(クイックシェイプ)

Procreateには図形のツールがないかわりに、Quick Shape(クイックシェイプ)で図形を作成する事ができます。

[アクション]>[ジェスチャコントロール]。▼

[Quick Shape]>[タッチ]を有効にします。▼

適当に描いた線も、クイックシェイプを使うと真っ直ぐな線に補正されます。

もちろん直線や曲線、簡単な図形も作成できちゃいます。▼

線を描いたあと、キャンバスをタップするだけで、クイックシェイプが使えます。▼

キレイな直線になったら、[シェイプを編集]をタップ。▼

表示されたタブの中から、好みの図形(シェイプ)を選択します。▼

ノードを調整して微調整できます。▼

Procreateは設定をすればするほど、自分の手の様に馴染んで思い通りに使える様になります。

自分なりのカスタマイズをいろいろ試しながら、楽しんで作品作りしてください。

以上、Procreate(プロクリエイト)の手ぶれ補正の紹介でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

created by Rinker
¥250 (2020/10/28 20:13:23時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

  1. […] まっすぐな線を引けない時は、Quick Shape(クイックシェイプ)を使うと、手ブレしない線が描けます。▼ […]

タイトルとURLをコピーしました