カルピス原液はコスパが良い

ヘルスケア
スポンサーリンク

どうもハルです。

カルピスウォーターとカルピス原液、どっちがコスパいいの…?

カルピス原液の方がコスパいいよ。

今回は、カルピス飲むなら原液の方がコスパがいいという話

Amazonで価格を調べると、カルピスウォーター1.5Lは1Lあたり192円。

カルピス原液470mlは5倍に希釈して、1Lあたり175円。

17円の差があり、カルピス原液は濃さを自分で調整できます。

created by Rinker
カルピス
¥864 (2020/10/26 23:54:08時点 Amazon調べ-詳細)

カルピス原液はコスパが良い

カルピス原液はコスパが良い。

カルピス原液はコスパが良い。▲

夏になると、甘くて独特な酸味のあるカルピスが飲みたくなりますよね。

カルピスにはご存知「乳酸菌」が含まれていて、体調を崩しがちな夏の胃腸を整えてくれます。

モンゴルの遊牧民が飲んでいた、酸味のある発酵した「酸乳」をもとに100年前にカルピスが作られました。

カルピスは発売当初から「おいしくて」「体に良くて」「安心で」「経済的」。今もなお、本質が守られ続けています。

カルピス原液は希釈(きしゃく)して飲むので、1本で大量に作ることができ、コストパフォーマンスに優れています。

カルピスウォーターとカルピス原液は別物

カルピスウォーターとカルピス原液の違いは、乳酸菌の数です。▲

カルピス原液を水で希釈して、カルピスウォーターと同じ条件にした時、カルピス原液を水で希釈した方が、40倍の乳酸菌が入ってます。

乳酸菌の数は、カルピス原液を希釈した方は、100mlあたり40億個。

カルピスウォーターは100mlあたり1.1億個。

体に良いのは、断然カルピス原液です。

味の違い

カルピスウォーターはすぐ飲めるように、乳を使わず脱脂粉乳を使い、さっぱりした味になるように酸味料が入ってます。

カルピス原液は、乳を使用しているため味が濃厚でコクがあります。

水で希釈したらすぐ飲むように作られているカルピス原液は、作り置きができません。

まとめ

カルピス原液は、炭酸で割ればカルピスソーダになります。

他にも、かき氷にしたり、ヨーグルトにかけたり、楽しみかたいろいろ。

開封後に冷蔵庫で保管する時も、場所をとりません。

デメリットは作る手間があるくらい。

ただし、そんなデメリットも自分好みの濃さに調節できたり、氷が溶けた時に「追いカルピス」でリカバリーできます。

カルピス飲んで、暑い夏を乗り越えよう。

以上、カルピス飲むなら原液の方がコスパがいい話でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

原液カルピス 470ml。▼

created by Rinker
カルピス
¥864 (2020/10/26 23:54:08時点 Amazon調べ-詳細)

カルピスウォーター 1.5L。▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました