【気軽な筆ペン】筆まかせ極細の書きごこちが素晴らしい

ステーショナリー
スポンサーリンク

どうもハルです。

今回は、Pilot(パイロット)カラー筆ペン筆まかせ極細の紹介です。

宛名書きはもちろん、カリグラフィーやイラストを描くこともできます。

筆ごこちは「細字」と「極細」の2つの太さが販売されていますが、極細は細かい線から太い線まで書けるのでおすすめ。

パイロットのカラー筆ペン 筆まかせブルーブラック SVFM-20EF-BB。▼

パイロット筆ペン 筆まかせ 極細 ブルーブラック SVFM-20EF-BB

筆まかせ極細の書きごこちが素晴らしい

【気軽な筆ペン】筆まかせ極細の書きごこちが素晴らしい。

【気軽な筆ペン】筆まかせ極細の書きごこちが素晴らしい。▲

お気に入りのペンはいくつかありますが、そのなかでダントツに好きなペン。

パイロットの「筆まかせ 極細 ブルーブラック」。

キャップをした状態だと、サインペンや水性マーカーそのもの。

筆ペンの弱点、書きづらい、毛羽立つ、かすれる、液漏れする、デカイなどすべてを克服した最強のペンです。

太く細くどちらでも

もともと、筆ペンが好きです。

ペンを斜めに傾ければ、太い線画が書けて、細かい線が書きたい時は、ペンを縦に浮かせ気味にして、先端で書けばどこまでも細く書けて重宝します。

筆ペン以外に、先端がやわらかい水性ペンや、万年筆などでもできますが、筆まかせほど幅広くカバーできません。

万年筆は慣れが必要ですが、初心者でも扱いやすい書きごこち。

太く書ける、細くも書ける。▼

最後までかすれない

筆まかせは最後までかすれません。

インクがなくなるギリギリまで使いましたが、かすれることなく使いきれました。

フェルト素材のペンはもちろん、通常の筆ペンはかすれます。

「直液式」という機構で、安定した量のインクが最後までキレイにでるようになってます。▼

硬めのペン先

ペン先は、ハードチップが採用されていて、コシの強い書きごこち。

筆先がかたよったり、毛羽立つこともありません。

筆圧の強い人でも、つぶれず快適に書けます。

本来筆ペンが苦手な人のための硬筆。

トメ、ハネ、ハライをやりやすくだけじゃなく、耐久性があるのでいつでも安心して書けます。▼

便利なペンなのに売ってない

とっても便利で優秀なペン「筆まかせ極太」ですが、文房具店によくあるのは「細字」。

細字は太すぎで、同じような太さの武田双雲プロデュースの「双筆 小筆」のはかないません。▼

筆ペンの品揃えが多くなる年末以外は、入荷がなくて「どこに売ってるの?」と探し歩いたことがあったので、僕は数本買っておいてストックしてあります。

筆まかせ極細ヘビーユーザーなので、インクをきらしたら本当に困ります。

店頭にあまり並んでないけど、運良く見かけたら試し書きで体感してほしいです。

色はもちろんブルーブラック、文字を書くのが楽しくなります。▼

パイロット筆ペン 筆まかせ 極細 ブルーブラック SVFM-20EF-BB

以上、Pilot(パイロット)カラー筆ペン筆まかせ極細の紹介でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました