【apple Developer】開発証明書を発行してキーチェーンに登録

ステッカー スタンプ
スポンサーリンク

どうもハルです。

開発証明書の登録方法ってどうやるの?

画像付きで解説するよ。

今回は、apple Developerで開発証明書を発行してキーチェーンに登録する方法を紹介します。

iMessage Sticker(ステッカー)を公開するには、Appleの開発証明書が必要です。

登録後には年1回、更新が必要です。

開発証明書の登録方法

1.要求ファイル作成(mac)

2.開発証明書発行(Apple Developer)

3.キーチェーンに登録(mac)

3つのブロックに分けて、説明していきます。▼

Apple Developer Programの登録がまだの人は、こちらを参考にしてください。▼

開発証明書を発行してキーチェーンに登録

apple Developerで開発証明書を発行してキーチェーンに登録する方法。

開発証明書を発行してキーチェーンに登録する方法。▲

開発・作成したファイルを公開するために必要な「開発証明書」の発行、キーチェーンへ登録する手順です。

画像解説のとおりにやれば、簡単に登録できるよ。

要求ファイルの作成(mac)

開発証明書の発行の前に、macで「要求ファイル」を作成します。

要求ファイルは、キーチェーンのアプリケーションで作成できます。

[アプリケーション]>[ユーティリティ]>[キーチェーンアクセス.app]。▼

キーチェーンアクセスが起動。

[キーチェーンアクセス]>[証明書アシスタント]>[認証局に証明書を要求]。▼

ユーザのメールアドレス: 開発者のメール(Apple ID)

通称 : 無記入だとエラーになるので、何でもいいので適当な名前を入力

要求の処理:ディスクに保存にチェック

[続ける]をクリック。▼

要求ファイル「CertificateSigningRequest.certSigningRequest」を、デスクトップに保存。▼

デスクトップに保存できました。▼

要求ファイルができたら、開発証明書の発行をするよ。

開発証明書を発行(Apple Developer)

Apple Developerで証明書要求ファイルを使って、「開発証明書」を発行します。▲

Apple Developer Certificates Identifiers & Profilesにアクセス。

Certificates(証明書)が、一覧表示されます。

Certificates[ + ]をクリック。▼

iOS App Development :開発用に必要。

iOS Distribution(App Store  and Ad Hoc):製品用でiMessage Stickerの公開などに必要。

「開発用」と「製品用」2つの証明書を、それぞれ作成します。▼

[Choose File]をクリック。▼

先ほど作成した、要求ファイルの出番がきました。

要求ファイル「CertificateSigningRequest.certSigningRequest」を選択して、[Continue]をクリック。▼

[Download]をクリック。▼

「iOS App Development」「iOS Distribution(App Store  and Ad Hoc)」それぞれダウンロードしたら、macのキーチェーンに登録するよ。

キーチェーンに登録(mac)

macに開発証明書がそれぞれダウンロードされています。

それぞれダブルクリックすると、キーチェーンに登録されます。▼

キーチェーンの登録を確認。▼

開発証明書は、1年毎に更新が必要だよ。

以上、apple Developerで開発証明書を発行してキーチェーンに登録する方法の紹介でした。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

コメント

  1. […] 【apple Developer】開発証明書を発行してキーチェーンに登録どうもハルです。開発証明書の登録ってどうやるの?apple Developerで開発証明書を登録する方法。iMessage Sticker(ステッカー)公開に […]

タイトルとURLをコピーしました